事業譲渡に困っているなら専門業者に依頼しよう

男性
レジ

導入費用は高い

posレジを新規で導入しようとすると多額のコストがかかることになります。コストをかけて導入してそれに見合った収益改善ができるかどうかは未知の世界なのです。しかも集約ソフトなどを考慮するとさらにコストがかかる場合があるので、見極めが必要です。

会議

成功するための方法

インドネシアに海外進出する企業が増加しています。そして進出時にコンサルティングを上手に利用することで成功率を高めることができるようになります。法律や現地に精通している会社を選ぶことが大事なポイントになります。

オフィス

資金が足りなくても大丈夫

会社設立の費用なるべく減らしていきたいものです。そのために、インターネット上のサービスが多いに役立ちます。独立資金を不特定多数の方から募ることもできますし、ホームページやカタログ作成も高度な技術者に低コストで依頼できます。インターネット上の高度な会計ソフトの利用で、人件費の節約も可能です。

契約書の留意点や反対株主

握手

5つの留意点と買取請求

事業譲渡契約書に関して、いくつか踏まえておくべき点があります。1つ目は、事業譲渡期日は会計処理の点から、実務上期間の始めから半ばであることが多いです。2つ目は、事業譲渡すべき事業の範囲や移転される財産の範囲を明確にすることです。3つ目は、事業譲渡の手続きに比較的長期間を要するので、契約時点で確定した金額を記載することは難しいです。そのため算定方法や支払方法、時期などについては後日協議する旨を記載することが重要です。4つ目は、事業譲渡の結果、譲渡会社の従業員の雇用契約が譲り受けた会社へ自動的に引き継がれるわけではありません。そのため、出向または転籍についての従業員の承諾が必要になります。5つ目は、事業譲渡契約書は、印紙税法に該当しますが、契約書に契約金額の記載があれば、金額の区分に応じて添付または納付する印紙税は異なります。そして契約金額の記載がなければ、一律契約書1通につき2000円の印紙を添付する必要があります。事業譲渡に反対の株主が、あらかじめ株主総会開催前に反対する意思を通知し、しかも総会決議で反対の議決権を行使するケースもあります。その場合、総会が行われた日から20日以内に書面により会社に対して買取請求をしたときは、買取請求書が到達した日に当該株主が所有する株式の売買契約が締結されたとされます。この場合の買取価格は、当該事業譲渡がなかったとした際の公正な価格をもって買い取ることになります。